• お散歩パンダ.com – お散歩パンダのおでかけレポート

    今日も寒い。
    昨日に比べれば耐えられないほどの寒さではないが、それでも寒い。
    ん~、早く風呂に入りたい。

    今日は西武池袋線の富士見台に自転車が置いてある。
    駅のまわりに4件の銭湯があるので、帰りに寄るつもりで朝、出勤するときにちょっと遠回りしたのだ。
    しかし予想以上に遅くまで残業になってしまった。
    4件のうち3件は24時まで営業しているので何とか間に合いそうだ。
    あまりゆっくり湯につかれないのが残念だが...。

    今日は「ニュー銭湯和倉」に行くことにする。
    駅から銭湯までひたすら下り坂。自転車だとこぐ必要がなくて楽だが寒さが身にしみる。
    5分ほどで店に着いたときには耳や腕が完全に冷えきってしまった。

    ニュー銭湯和倉

    中に入ると、ロビーは狭く感じるが脱衣所はそれほどでもない。
    時間が遅いせいか、今日も脱衣所は私一人だった。
    浴室は広くはないが、打たせ湯、ジェットバス、ジャグジー風呂、電気風呂などなどお風呂の種類は多彩だ。既に閉店まであまり時間がないのだが、とりあえず片っ端から試してみる(電気風呂は苦手なのでパス)。

    ひととおり廻った後で、さっきから気になっている「露天風呂 和倉温泉」の貼り紙がある扉を開けてみた。

    露天風呂というが、「中庭の見える風呂」といった方が正しいだろう。
    小さな緑の庭に、なぜかでっかい信楽タヌキがどでーんと据えられている。
    内風呂には壁画はなかったが、こちらには能登の軍艦島の絵が描かれていた。
    店名の「和倉」というのは、能登の和倉温泉をイメージしていたのか。

    ここのお湯は白濁していて確かに温泉気分。
    能登の「塩湯」と那須高雄温泉の「湯の華」を使っているとか。
    言ってみればブレンド温泉だ。
    考えてみれば不自然だが、考えない分には気持ちいいからOKとしよう。
    こんな「温泉」に入れるのも都会の銭湯ならでは、と言えるかもしれない。

    もう少しゆっくり入っていたいところだが、閉店の時間が近づいてきたので脱衣所に戻る。
    服を着ながらふと見ると、ロッカーの陰に体重計が置かれている。
    がっしりした鉄の踏み台に足を乗せると、ガシャン、と音を立てて針が回る懐かしいスタイルだ。
    「貫」の単位の目盛りシールまで貼ってあって、結構な時代ものだったりするのかもしれない。
    そうか、私は20貫目なのか。初めて知った。

    ニュー銭湯和倉
    2006年1月20日 23:35入店


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA