• お散歩パンダ.com – お散歩パンダのおでかけレポート

     


    日立科学4


    訪問日 2016年8月15日

    日立シビックセンター科学館への行き方(東京から)
    • 上野駅→(特急「ひたち」号で約1時間30分)→日立駅
    • 日立駅中央口を出て左に見える、大きな球体(プラネタリウム)を載せたビルの8階が科学館です。
      (駅から徒歩2~3分)

    入園料(2016年9月現在)
     未就学児無料、小中学生320円、大人520円

    障がい者減免
     あり(本人のみ子供料金になります。子供の障がい者には割引はありません)

    [PR] 東横イン日立駅前
    家族旅行に嬉しい添い寝なら小学生でも無料のホテルです。シビックセンター科学館へは歩いて1分、かみね動物園へのバスのりばも目の前です。動物園+科学館+お泊まり、お子さんも喜びますよ。日帰りはちょっともったいないな~と思ったらご利用を

    日立科学0

    海の景色が印象的なJR日立駅。
    海とは反対側の出口から外に出ると、左側に重そうな球をのっけた大きな建物が見えてきます。
    今日訪れるシビックセンター科学館はこちら。駅から近くて嬉しいですね。

    入場券を買ってエレベーターで8階に上がると、そこは定番のキラキラ科学遊具でいっぱいです。

    日立科学9

    入ってすぐ右側にある「数学のギャラリー」。
    振り子や2進数など、数学や物理のしくみを「動き」で学ぶことができます。
    右から左へ、左から右へ、ボタンを押してまわる。なんだかわからないけどおもしろい、その感覚が大切なんでしょうね。
    難しいことは、高校や大学で学べばいい。でも、好奇心のない学びは苦痛でしかない。
    ここで遊んだことが、学ぶための好奇心につながっていくのでしょう。

    日立科学A

    こういうボールコロコロ、昔から大好きだったな。
    特に、途中でルートが分かれるやつ。
    こっち行った、こんどはこっちだ、と、いつまでも夢中で見ていました。
    自分の子供が同じように夢中になっているのを見ると、なんだか嬉しくなります。

    日立科学7

    無響回廊は、光と音のない不思議な空間。
    真っ暗、静寂。目も耳も効かないなかで、壁づたいに手の感覚だけでゴールを目指します。
    子供がしり込みするので、私だけ楽しんできました
    ビルの一室ですから、そんなに長くないはずなんですけどね。なんだかとっても長い大冒険をしたような気持ちになります。

    日立科学6
    日立科学5

    日立科学3
    日立科学2
    日立科学8

    日立市のいきものを紹介するコーナーもあります。
    日立科学1


     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA