• お散歩パンダ.com – お散歩パンダのおでかけレポート

    [PR]


    はい、ただいま13時30分、景信山の山頂に到着したところです。
    その1(陣馬山→景信山)からの続きです。
    まだ読んでいない方は、その1を読んでから戻ってきてくださいませ

    03a5a228.jpg

    景信山の山頂からは、都心方面の展望が最高です。
    奥高尾縦走コースの中で、展望はここが一番ですね。
    奥高尾縦走1400-01
    反対の西側には、眼下に相模湖が。
    さっき明王峠から道を間違えたところで諦めて下山していたら、今ごろ湖畔に着いていたかもしれませんね。
    そして、その向こうには…
    奥高尾縦走1342-02
    雲の上に富士山が姿を現しました
    先ほど陣馬山から見た富士は、頂上は雲の中で山裾だけが見えましたが、ここからは逆に頂上が雲に浮かんでいるようです。
    奥高尾縦走1358-01
    頂上には茶店が何件かありますが、今日はどれもお休みのようです。
    茶店のベンチを拝借して、お弁当をいただきます
    6796218a.jpg

    景信山にも山頂に猫さんがいました。
    茶店の猫か、捨て猫かはわかりませんが、かなり人馴れしている様子。

    先ほどの陣馬山の猫さんと違って、それほどにゃーにゃー鳴きません。
    そのかわり、登山客の席を順番に回って、じっ、と見上げるのです。
    それだけで、ほら、おかずが飛んできた

    作戦勝ちですな。
    おかげでよく肥えていること。
    栄養のバランスは褒められたもんじゃないと思いますが
    f4c92e39.jpg

    14時ちょうど 。
    山頂でゆっくり30分休憩して、汗もすっかり引きました。
    さぁ、先を急ぎましょう。
    a22f9199.jpg

    この先、小仏城山から高尾山へと向かう稜線がきれいに見渡せます。
    標高はここより低いけれど、ふぅ~、まだ先は結構長いですね。
    f004df2e.jpg

    ここから小仏峠まで、標高差179mを一気に下ります。
    乾いた下り坂は滑りやすいので、足元に気を遣います。
    348e2892.jpg

    14時23分、小仏峠に到着。

    交差する道は、江戸の五街道の一つ、旧甲州街道ですね。
    明治以降の甲州街道は高尾山の向こう側(南側)に付け替えられ、江戸と甲州を結ぶ動脈としての役割を終えています。
    72a034c2.jpg

    かつては大名行列も越えた小仏峠。
    彼らもこのあたりで一休みしたのでしょうか。
    駕籠でここを越えるのは大変だったでしょうね。
    今はもう、山歩きの人が通るだけの静かな峠です。
    2c552131.jpg

    景信山から随分下りてきましたが、ここからはまた標高差122mの登りです。
    これが結構きついんだ。やれやれ。
    17612d36.jpg

    14時39分。
    電波塔が見えてきたら、小仏城山の山頂に到着です。
    ea0ec3f2.jpg

    ここからの展望も素晴らしいです。
    木彫りの天狗さん。かっこいいですね
    0b1800ef.jpg

    なんだか山奥というより、都市公園のような雰囲気ですね。
    山歩きエリアから、高尾の観光地エリアに入ってきたことを感じます。
    c58164d0.jpg

    ここから高尾山に続く道も、公園の遊歩道のようです。
    疲れた足には、正直、普通の山道の方が楽なのですが、山支度をしていない普通の観光客もこのあたりまで来ますから、まぁ仕方ないですね。
    c5ceda92.jpg

    14時54分、一丁平でひと休み。
    何度も見ている富士山ですが、やっぱり見えると嬉しいですね。
    a4b17ce5.jpg

    15時09分、標高474mの鞍部まで下りてきました。
    ここから道が3つに分かれます。
    真ん中は尾根伝いの急登だから論外として(笑)
    「ふじみ台」という名前に惹かれて、ちょっと遠回りですが右側の道を選びます。
    8ccd4acf.jpg

    山らしい道に戻りましたね。
    人通りも少なく、この道で正解だったかも。
    e18c4bb1.jpg

    15時21分、「ふじみ台」の展望所に到着しましたが…

    奥高尾縦走1522-01
    富士山どこ? 

    おそらく、かつては好展望だったのでしょうね。
    まわりの木々が茂って、ただの林間の休憩所になってしまっていました。
    ef8109e5.jpg

    15時29分 。
    もう足もかなりガクガクですが、ここが今日最後の登りです。
    よし、もうちょっとだ。がんばれ。
    自分自身を小声で叱咤激励しながら、高尾山頂へと向かいます。

    c5f12504.jpg

    15時38分。
    本日の縦走路の最後の山、高尾山頂に到着です。
    2a15a053.jpg

    富士山も、山裾までかなりよく見えるようになりました。
    ここまで歩いてきたご褒美ですね~

    なんだかもうゴールした気分ですが、まだ最後の下山が残っています。
    水道に「飲めます」と書いてあったのでがぶ飲みして、ほっと一息ついたら出発です。

    この先は、琵琶滝コースや稲荷山コースなどいくつもの下山路を選ぶことができますが、最後は薬王院にお参りして帰りたいので、オーソドックスに一号路(表参道)を下ることにします。
    c5a0cde9.jpg

    15時55分 、薬王院に到着。
    本日の無事を感謝します。

    陣馬山からずっと、すれ違う人と挨拶を交わしてきましたが、小仏城山のあたりから「こんにちは」と声をかけても応じてくれない人が増えてきて、もうこのあたりでは声をかけるのも恥ずかしい雰囲気です。

    あぁもうここは山じゃないんだな~、と。
    人の数はどんどん増えるばかりなのに、逆に何だか寂しい思いがこみ上げてくるのでした
    eded8fa0.jpg

    16時14分。
    この先、高尾山口駅まで膝に来る固い道が続くのはわかっているし、正直、もう歩くのに飽きました
    リフトに乗ってしまいましょう
    c60c2afd.jpg

    いや、このリフト、むちゃくちゃ高度感あるじゃないですか
    下に網はあるけれど、網から地面までが結構高いの
    スキー場のリフトによくあるような安全バーもついていないし、身が縮みます。

    とはいえ、関東平野の展望もここで見納めです。
    12分間の空の旅を楽しみましょう。
    3a75328d.jpg

    16時30分 、山麓駅に到着です。
    リフトの営業は16時30分で終了。間に合ってよかった
    c785be22.jpg

    16時36分。
    高尾山口駅は横目に見送って、今日は高尾駅まで歩きます。

    すぐそこだよね、って勘違いしていましたが、結構歩くんですね。
    しかも、車の行き交う甲州街道をただひたすら歩くだけで、面白いところなどどこにもありません。
    いやぁ最後に疲れがどっと
    53527663.jpg

    17時02分、高尾駅に到着です。

    最後はリフトを使ってしまいましたが、我ながらよく歩きました。
    朝、ここから出発したのが何日も前のような気がします。
    2週続けての山歩きで、よし、まだまだ体力は大丈夫、と自信もつきました。

    低山歩きには厳しい季節になってきましたので、近郊での足慣らしはこれにて終了。
    次は、7月末~8月頃に、尾瀬・燧ケ岳に行ってきます

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。


    [PR]


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA