• お散歩パンダ.com – お散歩パンダのおでかけレポート

    目次(諸国一之宮一覧)に戻る


    雄山神社

    [PR] みくりが池温泉
    室堂のバスターミナルから徒歩12分のところにある山小屋です。私は夜行で信濃大町から入り、立山頂上峰本社をお参りして、その日のうちに富山に下山したのでここには泊まりませんでしたが、日帰りはかなりの強行軍になりますので、できれば室堂に一泊することをお勧めします
    特に、登山経験の少ない方は、山に慣れた方に同行してもらい、必ず前泊して、宿の方に山の様子を訊き、天候もよく確かめて、無理だと思ったらきっぱり諦めること。
    登山路にそれほど危険なところはないとはいえ、三千メートル峰を甘く見てはいけません。登れない可能性もご理解の上でお出かけください。


    雄山神社の「雄山(おやま)」は、日本三霊山として富士山・白山と並び称される「立山」の峰の1つで、その標高は3,003m。頂上にある立山頂上峰本社は、日本一高いところにある一の宮ということになります。

    立山頂上峰本社

    社殿は頂上の「立山頂上峰本社」、山裾の谷あいにある「芦峅中宮祈願殿」、山から富山平野へと開けたところにある「岩峅前立社壇」の3社に分かれています。それぞれの詳細は雄山神社のWebサイトにてご確認ください。


    岩峅前立社壇への行き方

    最寄駅は富山地方鉄道の「岩峅寺(いわくらじ)」駅です。
    JR富山駅の隣にある「電鉄富山駅」から「立山線」か「不二越・上滝線」の電車に乗ってください。
    →電車の時刻は、富山地方鉄道のWebサイトでご確認ください。

    電鉄富山駅から岩峅寺駅までは「寺田経由(立山線)」の電車と「南富山経由(不二越・上滝線)」の電車がありますが、所要時間は大差ありませんので、どちらに乗っても大丈夫。特急で25分、普通電車なら40分ほどです。

    駅から前立社壇へは歩いて10分ほどで、要所要所に案内板がありますので、迷わずに行けることと思います。


    芦峅中宮祈願殿への行き方

    最寄駅は富山地方鉄道の「千垣(ちがき)」駅です。
    前立社壇のある岩峅寺駅から、立山駅行きの電車で10分ほどです。
    なお、快速急行・急行は停まりますが、特急は停まりませんのでご注意ください。
    →電車の時刻は、富山地方鉄道のWebサイトでご確認ください。

    千垣駅から芦峅中宮祈願殿へは、立山町営バス「芦峅寺線」で5分ですが、このバスは日曜日は運休です(土曜・祝日は運行されています)。歩けば30分ほどですが、歩道のない、大型バスやトラックも行き交う道を歩くことになりますので、できれば日曜以外に行かれることをお勧めします。

    バスは1~2時間に1本です。あらかじめ立山町営バスの時刻表を確認してからお出かけください。


    立山頂上峰本社への行き方

    まず大前提として、標高3,003mの高山への登山であるということをご認識ください。
    雪山の登山経験のない方に、積雪期の登山は無理です。

    立山頂上峰本社に神職の方が常駐するのは、例年、7月1日~9月30日です。
    この時期でも残雪が多い年もあり、また台風後には道が荒れることもあります。
    立山山頂ライブカメラ立山ガール日記みくりが池温泉さんのブログなども参考にしていただき、安全を確かめてからお出かけください。

    • 室堂(登山口)まで
      黒部ダムなどを巡る観光ルートとして名高い立山黒部アルペンルートの中心部にある室堂へは、富山側・長野側いずれかから、電車・バス・ケーブルカーなどを乗り継いで向かうことになります。〔富山から〕
      富山地方鉄道 電鉄富山駅
      ↓ 特急で1時間、普通で1時間20分
      ↓ 芦峅中宮祈願殿最寄りの千垣駅からは15~20分
      立山駅
      ↓ ケーブルカーで7分
      美女平駅
      ↓ 立山高原バスで50分
      室堂

      〔長野(信濃大町)から〕
      長野駅・信濃大町駅
      ↓ バスで長野駅から1時間45分、信濃大町駅から40分
      扇沢
      ↓ トンネルバスで16分
      黒部ダム
      ↓ 徒歩15分
      黒部湖
      ↓ ケーブルカーで5分
      黒部平
      ↓ ロープウェイで7分
      美女平
      ↓ トンネルバスで10分
      室堂

      単純に所要時間を足し算すると、富山から1時間57分(特急理容の場合)、信濃大町から1時間18分と、それほど遠くないように見えますが、夏の間は平日でも混雑し、乗り継ぎの都度、並んで待たされます
      私が行った時は9月の連休初日でしたが、夜行バスで扇沢に朝6時に着いたにもかかわらず乗車券売り場は既に長蛇の列。切符を買うだけで1時間以上並ばされました。

      富山・長野どちら側から入る場合も3時間程度(ピーク時はそれ以上)かかることを覚悟してください。

    • 室堂から立山頂上峰本社へ
      P9201862
      立山頂上峰本社へは、足元の悪い岩場をゆく本格的な登山になります。
      私が参拝登山したときも、室堂から観光気分そのままに軽装で登っていた人をたくさん見かけましたが、三千メートル峰を甘く見てはいけません!たまたま快晴の一日だったから良かったものの、高山は天候が急変することも多く、装備が十分でなければ命にかかわります。こちらのWebサイトの解説がとてもわかりやすいので参考にしていただき、十分な準備をしてからお出かけください。

      Googleマップは登山には不向きですので、登山地図をご用意ください。
      Webではヤマケイオンラインの地図サイトを参考にしていただくとよろしいかと思います。

      ヤマケイさんのコースタイムでは、
      室堂→雄山山頂(立山頂上峰本社):2時間20分
      雄山山頂(立山頂上峰本社)→室堂:1時間40分
      で、私が実際に登った時もほぼコースタイムどおりでした。

      ただし、登山経験や体力、天候等、さまざまな要因により、これより長時間を要する可能性があります
      ・山中で日が暮れるとたいへん危険
      ・バスの最終便(17時過ぎ)を逃すと帰る手段がない
      (バスの時刻表)
      といったことを考慮し、余裕をもって遅くとも16時までには室堂に帰ってこられるよう計画してください。


    三社めぐりの参考コース(富山発着)

    • 富山から1泊2日
      事故防止や、トラブルが起きてしまったときの対応のため、登山は「早い時間に登り始めて、早い時間に下りてくる」のが基本です。
      このため、室堂で1泊して、朝から雄山(立山頂上峰本社)に登拝するプランがおすすめです。参考プラン(2018年夏ダイヤ、土曜発1泊2日)
      1日目:
      電鉄富山駅
      9:14発
      ↓ 普通 立山行き
      9:50着
      岩峅寺駅
      ↓ 徒歩10分
      【参拝】岩峅前立社壇
      ↓ 徒歩10分
      岩峅寺駅
      11:12発
      ↓ 普通 立山行き
      11:22着
      千垣駅
      11:33発
      ↓ 立山町営バス芦峅寺線
      11:38着
      雄山神社前

      【参拝】芦峅中宮祈願殿
      【見学】立山博物館

      雄山神社前
      14:10発
      ↓ 立山町営バス芦峅寺線
      14:15着
      千垣駅
      14:18発
      ↓ 普通 立山行き
      14:35着
      立山駅
      14:40発
      ↓ 立山ケーブルカー
      14:47着
      美女平駅
      15:20発
      ↓ 立山高原バス
      16:10着
      室堂
      【宿泊】ホテル立山 または みくりが池温泉
      ※どちらも事前に依頼すれば朝食を弁当に変更できます
      ※山慣れた方なら一の越山荘に泊まってご来光を拝むのもいいですね

      2日目:
      室堂(できれば早朝発。朝食は山の上でお弁当を)
      ↓ 徒歩2時間20分
      【参拝】立山頂上峰本社
       ※可能なら立山最高峰の大汝山まで登っておきたい(往復1時間)
      ↓ 徒歩1時間40分
      室堂
      15:00発
      ↓ 立山高原バス
      15:50着
      美女平駅
      16:20発
      ↓ 立山ケーブルカー
      16:27着
      立山駅
      16:50発
      ↓ 特急 電鉄富山行き
      17:40着
      富山駅

    • 富山から日帰りで
      土曜日の早朝に始発電車で出て「立山頂上峰本社→芦峅中宮祈願殿→岩峅前立社壇」の順で回れば、全ての社務所が開いている時間に三社全てを巡ることは「机上計画上は」可能です。しかし、乗継が混雑したり、登山でコースタイム以上の時間がかかったりすると一発で破綻しますのでお勧めできません。
      このため、参考コースの紹介は控えますが、「どうしても」という方は富山地方鉄道立山黒部アルペンルート立山町営バスの時刻表で計画してみてください。

    少々長くなり失礼しました。
    それでは、お気をつけてお出かけくださいませ

    目次(諸国一之宮一覧)に戻る


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA