• お散歩パンダ.com – お散歩パンダのおでかけレポート

    風邪をひいて医者にかかり、2時間の有給休暇をいただいて職場へ向かう、昼前の有楽町線。
    ヨーロッパ系とおぼしき、幼稚園児ぐらいの子供たちとその親(?親ではなく幼稚園の先生かもしれません)のグループが、電車に乗ってきました。

    お友達同士のおでかけでハイになっている子供たち。社内を走り回ったり、空いている席を取り合ったりして、大人の言うことをなかなか聞きません。

    大変そうだなぁ・・・と、半ばあきれ半ば微笑ましく見ていたのですが、ふと気がつくと、この子供たち。

    大人と話すときは、そのお国の言葉で。
    (英語ではない、というぐらいしかわからないのですが)

    子供同士で話すときは、日本語で。

    当たり前のように、使い分けて話しているんですね。

    いやぁ、大したもんだ。
    日本でも、小さい頃からアメリカンスクールとか通わせる親がいるが、そういうことか。

    ・・・と、ちょっと思いかけた、その直後。

    1人の男の子が、元気な声で「うんちのうた」なるものを日本語で歌いだした。
    うんちがなんとかかんとか、きたない言葉満載。
    たぶん、作詞作曲、その男の子。

    やめなさい、と大人が叱るかと思いきや、叱らないんですね。

    そうか。
    大人の方は日本の幼児語を知らないから、歌の意味がわからないんだ。
    日本人も、英語の幼児語とか、勉強しないですもんね。それと同じだ。

    で、思い直して教訓(?)

    英語が苦手な親は、子供をアメリカンスクールとかに通わせちゃダメですね。
    何を覚えてくるかチェックできないから危険だぞ~(笑)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA